ころっぱ

~ コロボックルの原っぱあそび ~

ころっぱは、親子で一緒に自然に触れ、体をたくさんつかって遊ぶ自然遊びの時間です。都市のすぐそばにある自然に触れ、風の音や土のかおり、太陽の温度を感じながら、子どもたちが自ら感じ、考え、行動することことを静かに見守り、そこから親の私たちも色々なことを感じ、学んでいます。

子どもの想像力、応用力は、大人には予測できないほど奥が深く魅力に満ちていて、そばにいる大人のほうが学ぶことも多いです。材料が用意され、使い方や目的があらかじめ決まっているものばかりの現代だからこそ、一見「何もない」と思えるような自然のなかで、子どもの無限の発想力を存分に開放してあげてみてください。一緒に過ごす大人にも、きっと楽しい学びの機会になると思います。

都市のすぐそばには意外なほど、自然が残っています。車通りの多い幹線道路のそばにある小川、山道、脇道、原っぱ…。あわただしい日々のなかで少しだけ、大人も立ち止まって自然からのメッセージに耳を澄ませる時間を持つことができたらと思います。

対象

ころっぱの対象は、おおむね2歳半~5歳くらいの未就学児とその親です。

 

活動場所と駅やバス停が離れていることもあるので、歩けなくなったら子どもを背負って歩く必要があったり、どろんこに汚れた服と靴一式を着替えさせる必要があったり、親御さんには負荷が多めかもしれません。自然には虫もいるしケガの危険性もあります。

 

2歳半未満の小さなお子さん、5歳以上の学童さんも歓迎です。ただ、主役は幼児さんですので、幼児さんのペースを優先します。小さなお子さんはおんぶやだっこの時間が、大きなお子さんは待つ時間が長くなることもあります。

内容

横浜市金沢区とその近隣地域の山、原っぱ、海、川などで、月に1回3~4時間程度、身体を動かして遊びます。「身体を動かす」といっても、遊具やボールなどを使ったりダンスをしたりといった取り組みではなく、子ども自身が何もないところから感じ、考えて行動することを大切にします。

 

大人の役割は、「これ以上行ったら崖から落ちる」とか「ここで転んだら笹の切り株が刺さる」といった危険から子どもを守ること。それ以外は子どもの気づきや反応、言葉を楽しみ、余計な口出しはせずに見守ります。

カメラをお持ちのパパママはぜひカメラもお持ちください!子どもと一緒にパパママの感性も研ぎ澄ませましょう!

次回日程

次回は横浜市金沢区から山道を鎌倉まで歩きます!なお現在、新規のご参加者はcolobockleの撮影をご依頼いただいたことのある方で、自分とお子さんの安全の自己管理に責任が持てる方のみ、日程をご案内させていただいております。ご興味のある方はご連絡ください。

これまでのころっぱ紹介








余談ですが、私は海でシュノーケリングをするのも大好きです。

今年(2022年)の夏、3歳娘と8歳次男、時には13歳長男を連れて泳ぎに行った三浦半島の海情報をこちらにまとめました。

子どもとシュノーケリングをする海を探している方は参考になさってください。