着用方法

快適にお使いいただくために、着用方法をご確認ください。

1.抱っこひもを装着する

タグが背中中央、上部に来るように抱っこひもをかぶります。

両肩、両腰の布を、しっかりと下に下げてください。

タグのついている面が背中に来るようにかぶります。

両肩の肩布を、背中の下の方に向かってしっかりと下げてください。

両方の腰も、しっかりと背中から下に向かって布を下げます。


【着用のポイント】

抱っこひもに赤ちゃんを入れてから下げることはできません。

首が詰まっていたり、しっかりと両肩、両腰の布が下に下がっていないとうまく抱っこできませんので、赤ちゃんを入れる前にしっかりと下げてください。

2.赤ちゃんを抱っこひもに入れる

げっぷをさせるときのように赤ちゃんを肩に担ぎ、片足ずつ抱っこひもに通していきます。

※抱っこする際は必ず座って低い位置で行い、落下に注意してください。

赤ちゃんを肩にかつぎ、片足を抱っこひもに通します。

※必ず座って行ってください。

赤ちゃんの落下に気を付けながら、真ん中に座らせるようにします。

反対側の足も通します。


3.肩布を引き上げる

2重になっている肩布の外側の布を持ち、反対の手で赤ちゃんのお尻を押さえながら引き上げます。

2重の布が1重になってしっかりと広がったら、反対側の肩布も同様に引き上げます。

※必ず赤ちゃんのお尻を押さえて肩布を引き上げてください。布のみを無理に引っ張ると破れる原因になります。

2枚重ねになっている肩布の、外側の1枚を引き上げます。

布が破れないよう、赤ちゃんのお尻を手で支えながら引き上げます。

反対側も同様に、2枚重ねの肩布が1枚の状態になるように伸ばします。


4.抱っこひもを整える

きちんと肩布が1重になり広がると、赤ちゃんの首元まですっぽりと包み込まれます。

※新生児は足をカエルの状態に折り曲げて抱っこすることもできます。

※抱っこしている間は必ず片手を添え、落下に気を付けてください。

2枚の肩布がきちんと広がると、赤ちゃんの首元まですっぽりと覆われます。

新生児の赤ちゃんは両足をカエルのように折って入れることもできます。

両足を入れた状態。生後3週間ほどで入らなくなってきます。


5.ミーコストールを結ぶ

ダブルガーゼのロングストール「micoストール」の中央にあるタグが背中に来るように持ち、赤ちゃんの首元で結びます。

ストールは広げて使用せず、細くひも状にして使用します。広げた状態で結ぶとずり落ちやすくなります。

首が座らない赤ちゃんは結び目にタオルを挟むとより安定します。

ママと赤ちゃん同時に巻けるガーゼストールになります。

スナップ付きなので授乳ケープとしても使用できます。


赤ちゃんのおろし方

赤ちゃんの眠りを妨げずに下ろす方法です。

赤ちゃんを下ろす際は、まず布団等に着用者はひざをつき、両方の肩布を左右にずらして赤ちゃんのお尻を出します。

赤ちゃんを支えながら、着用者の状態ごと倒して、赤ちゃんの背中を布団におろします。


両方の肩布を左右にずらして、赤ちゃんのお尻を出します。

赤ちゃんの背中を支えながら、着用者の上体ごと倒し、赤ちゃんを下ろします。

ロングストールがガーゼケットになります。