· 

朝のお散歩とニューボーンフォト

先日、スーツケース2つと大きなカバンを持って、ニューボーンフォトの撮影に伺いました。

 

ご依頼くださったおうちのお姉ちゃんは、赤ちゃんだったときにママとフォトレッスンに来てくれて、1歳のときも2歳のときも、写真を撮らせていただきました。

 

またお会いできてうれしかったです。ママと一緒に撮影に使う小物を選んでくれました。

生後3週間の天使さん、パパにミルクをもらってうとうとしている姿がたまりません。

ニューボーンフォト

小さなおてて、

ニューボーンフォト

小さなあんよ。

ニューボーンフォト

ステキな写真をたくさんお撮りできました。

いま丁寧に補正と現像の作業をさせていただいていますので、もう少しお楽しみにお待ちくださいませ(^^)/

火曜日と金曜日にの出張撮影のみという、大変限られた範囲で撮影を再開し、ご迷惑をおかけしてしまっておりますが、そんななかでも「細々とでも再開してもらえてうれしい」と、ご都合を合わせてくださる方がいらっしゃることに、驚くと同時に、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

 

たくさんはできませんが、いまはひとつひとつのご縁を大切に、丁寧にお撮りしていきたいと思っています。

現像作業をしている横で、末っ子はお昼寝中です。

近頃だんだんお昼寝の時間が少なくなってきて、日によっては30~40分で起きてしまうことも。目を覚ますなよ~寝ててよ~と念を送りながらPCに向かっています(^^;

そんな末っ子は夏休み明け頃から、朝ごはんを食べ終えるとそそくさと自分のランドセルを取りに行き、にこにこ嬉しそうに長靴を履いて準備するようになりました。

 

8月頃は家を出てすぐに2人の兄に引き離されて置いて行かれていましたが、近頃はだいぶ先までついて行けるようになりました。

学校の近くの公園まで歩いて行ってひとあそびするのが、私と末っ子の朝の日課になっています。

 

夏にはこんなに鮮やかだった公園の滑り台も、

だいぶ紅葉して、しっとりとした雰囲気になってきました。

公園に着くなりいつも長靴を脱いで歩く地面には、落ち葉がたくさん落ちています。

保育園を退園して一緒に過ごすようになり、仕事をできる時間も自分の時間もなくなってしまいましたが、代わりに娘と私の特別な時間を手に入れました。

 

身体全部を使って、何を感じ、何を思っているのか。言葉やしぐさ、表情を使って、何を伝えようとしているのか。それがわかる心地良さと、わかってもらえて満足そうな様子の娘。

 

いずれ忘れてしまうような些細なことばかりで、一円にもならないけれど、静かな愛おしい時間です。

さて、先述のニューボーンフォトの撮影の帰り道、ホームセンターに立ち寄って、木材を購入してきました。

 

カットした木材に、長男次男に色を塗ってもらい、

ポスカで線を引いて組み立て、出来上がったのは…

ジャジャーン♪

 

トミカ専用駐車場棚です。

何事も凝り性でコレクターな男子たちにと作ってみました。

あら、ブログを書いていたらピンポーンとインターフォンが鳴って、1年生の次男が帰ってきました。

 

汗だくで、両手でだいじそうに虫かごを持っています。虫かごの中身はクビキリギリスとオナガササキリ。毎日学校に持って行って持って帰ってきます。

せっかく末っ子がまだ眠ってくれてるのに、もうちょっと作業したかったなあ。

母さんの短い自分時間は終了~~~

 

おやつを食べたら自転車で坂を下って、ランチュウのえさを買いに行こうね