· 

夏の撮影(アナベル・カシワバアジサイ)

毎日暑い日が続いていますね。

庭の緑もいちばん濃い季節になりました。

スタジオには、カシワバアジサイとアナベルを飾りました。

6月に咲き始めたころは真っ白でしたが、アナベルはすっかり緑色になりました。

同様に真っ白だったカシワバアジサイは、くすんだグラデーションに。なんてきれいな色なんでしょう。

生花のほかにアジサイやヒマワリも飾ったスタジオへ来てくれたのは、6回目の撮影のおうち。

お姉ちゃんは3歳、弟くんは1歳のお誕生日です。それなのに6回!

ほんとうに、ニューボーンフォトから折につけて成長をずっとそばで撮影させていただいてきて、とても嬉しく、誇らしい気持ちです。

 

スタジオ撮影の翌々日は、このお花たちを車に乗せて、ニューボーンフォトの撮影に行きました。こちらも2度目の撮影です。

 

1度目の撮影でお撮りした写真がこちら。

「前回と同じようなカットが欲しい」とのことでしたので、同じようなカットもお撮りできるように準備して向かいました。

でも、何かが前回と違う…。

季節が半年違うから飾るお花の種類が違うのは当然として、なんだろう…?

そして、あっと思いました。

ママの雰囲気がぜんぜん違うんです。

 

前回は長時間にわたる出産で消耗し、すっかり弱っていたママ。今回は元気で良くしゃべるママでした。こっちが本来の姿で、前回はすごく消耗して元気がなかったんだそうです。

 

出産って、毎回様子がぜんぜん違いますよね。出産のときの生まれ方って、その子らしさをすごく体現していると思っています。皆さんのお子さんはどんな生まれ方だったかな?きっといまも生まれたときの特徴が、正確とリンクしているはずです。

 

 

さてさて、冒頭の緑が濃くなってきた庭では、ミニトマトやキュウリも毎日採れる季節になりました。洗って置いておくと、いつのまにか誰かが食べてなくなっています(たいていの場合は次男です)。

野菜畑の周囲にはバッタがたくさんいるのですが、こうした小さい虫たちを食べに、トカゲやヤモリがやってきます。

 

 

そしてトカゲやヤモリの登場を楽しみにしているのは、シジュウカラやヒヨドリなどの鳥たちと、うちの娘(*^-^*)

昨日はトカゲを捕まえて保育園に持って行き、今日はヤモリを持って行きました。「かわいい~かわいい~」と、じっくり観察。1日飼ってから庭に放ちます。

 

つかまっちゃったトカゲ、ヤモリたちには災難ですが、たしかにとってもかわいいです。

以前にいちど小さな生物多様性とブログに書いたことがありましたが、住宅地のなかで相変わらず、なんだか賑やかなスペースとなっております。