· 

春に向けて

寒波の襲来に関するニュースや新聞記事を目にすることの多い日々です。colobockleの庭でも毎朝ビシッと霜柱が立ち、次男と末娘は楽しそうにざくざく踏んでいます(中2長男はもうそういうのには興味ありません)。

 

そんなスタジオのお庭は、春に向けて木々の剪定と植え替えをしました。

スタジオを作ろうと引っ越してきて、まだ小さかった長男次男と、木を買っては植えて行きました。

でもなにぶん素人ですから、想像以上に大きく育ったり、思ったような木とは違うものに育ったり(^^;)

 

最近になってようやく、剪定など、手入れのコツがつかめてきたように思います。

お花もいろいろ。

ジャガイモも植えました。

いまブロッコリーと豆類が元気に育っています。

撮影の仕事をしていると、人間も自然の一部だなあと思うことがあります。

季節もそのひとつ。

冬の間というのは、本当に、撮影の依頼が入りません。冬の間はじっとして、春になり日差しがあたたかくなってくると行動したくなって、「撮影でも行ってこようかな!」と思うんですよね。2月下旬~3月頃になると、予約のご連絡がたくさん入ってくるようになるのが常です。

 

でも、こんなに寒い真冬でも、猫たちの毛は既に抜け始めました。彼らは春に向けた準備を始めています。

冬でも赤ちゃんは産まれますから、マタニティフォトやニューボーンフォトの撮影はさせていただいています。

 

こちらは先日、マタニティフォトを撮影したときのもの。パパが書いたメモに胸キュン♡思わず撮ってしまいました(*^-^*)

3月が予定日とのこと。とてもとても、赤ちゃんのお誕生を楽しみにされていて、おなかに向かって話しかける姿に「どんなパパになるのかな」と、私も同じくらい赤ちゃんのお誕生が楽しみになりました。

産まれた赤ちゃんが幸せに、パパもママも自分らしく生きていける世の中でありますように。