micoの特徴

他の抱っこひもにはない、micoならではの特徴を紹介させていただきます。

特徴1:伸びる素材で痛みゼロ


抱っこしている時間の長いママさんのほとんどが、肩こりや肩の痛みを経験されています。

肩や首が痛くなるのは、荷重が1点に集中することと、上半身の動きが妨げられるから。

 

micoは抱っこひも全体が、伸縮性のある素材でできています。

 

赤ちゃんの重さを両肩と背中全体に分散するため、荷重のかかった部分だけが痛くなるということがありません。

 

※「産後にいつも感じていた痛みやコリを感じなかった」など、痛みに関するコメントをたくさんいただいています。

【micoのこだわり】

どんなに幅広の肩紐の抱っこひもでも、伸縮性がない限り、必ず1点に痛みが集中します。micoは肩はもちろん、背中の部分も伸縮性があり、広い面積で背中全体に重さを分散します。

また、首から肩にかけてを、2重にした幅広いニット生地でしっかりと覆います。薄い生地を腕まで広げた抱っこひもは腕が動かしにくかったり、背中が小さく伸びないタイプは背中が痛くなったりします。micoは幾度も試作を重ね、心地よい抱っこを徹底的に追求しました。

特徴2:心地よいフィット感


micoは両腕で抱っこしているように、伸縮性のある生地で赤ちゃんとママをフィットさせます。

 

赤ちゃんは心地よくママに密着して体温を感じることができ、安心して落ち着きます。

「micoに入れるとすぐに眠ってくれる」というコメントをたくさんいただいています

 

★赤ちゃんの位置が高いため、ママは口元で赤ちゃんのにおいを感じ、一緒にリラックスすることができます。

★micoならではの密着感は、「まるで妊娠中に戻ったみたいで嬉しい」との声が寄せられています。

改良型のmicoでは、サイズの調整も可能になりました。


特徴3:抱っこ姿がきれい


micoの一番のポイントは、「抱っこ姿がきれい」なことだと思っています。

ママも、赤ちゃんも、どちらも美しく見える抱っこ紐です。

★首から背中にかけてのラインがすっきりとして、背中がスッときれいにみえます。

★腰ベルトがないため、ワンピースなど洋服のラインも妨げず、おなかに食い込んでお肉がきになることもありません

★上からカーディガンや上着を着ても、肩回りがごつくならず、もたつきません。

★赤ちゃんの小さく丸みを持ったフォルムがそのままに感じられ、小さな赤ちゃんがさらにかわいらしく見えます

特徴4:抱っこしやすい


micoは上着を着たまま赤ちゃんを下ろすこともでき、眠った赤ちゃんも起こすことなくすんなり下ろせます

★上着を脱がずに赤ちゃんを抱っこしたり下ろしたりすることができるので、外出時に便利です。

★赤ちゃんが眠ったら、肩布を左右にずらして赤ちゃんのお尻を出し、そっと布団におろせます。

★赤ちゃんを下ろしたあとそのまま着用していても、軽くかさばりません。

特徴5:着心地が良く清潔、携帯にも便利


micoはTシャツなどに使用される、肌触りの良い綿100%のニット生地でできています。

・ママも赤ちゃんにも肌あたりが良く、1日中心地よく着用していただけます。

・洋服のように洗えますので、いつも清潔に使っていただけます。

・「mico-simple」の重さはわずか170グラム。Tシャツ感覚でずっと着用できます。

・畳むと縦横20cm、厚さ2cmとコンパクトなので、タオルや着替えのTシャツを1枚持つ感覚で、いつでも1枚カバンに入れておくことができます。

micoはこちらのオンラインショップよりご購入いただけます。